for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米30年物住宅ローン金利、週間で35年ぶり大幅上昇=フレディマック

 6月16日、米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が発表したデータによると、米国で最も利用されている期間30年の住宅ローン固定金利が平均で前週比0.50%ポイント超上昇し、5.78%となった。ペンシルベニア州イーストストラウズバーグで2018年6月撮影(2022年 ロイター/Mike Segar)

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が16日発表したデータによると、米国で最も利用されている期間30年の住宅ローン固定金利が平均で前週比0.50%ポイント超上昇し、5.78%となった。週間の上げ幅として過去35年で最大を記録した。

米連邦準備理事会(FRB)がインフレ抑制に向け、75ベーシスポイント(bp)の大幅利上げを決定したことを受け急上昇した。

フレディマックのチーフエコノミスト、サム・カーター氏は「インフレ期待や金融政策見通しの変化を反映している」とし、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)中に起きた住宅ブームを抑制し、最終的には住宅市場の一段の均衡化につながるとの見方を示した。

住宅ローン金利は昨年のこの時期から大幅に上昇している。1年前の30年物固定金利は2.93%だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up