for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米天然ガス先物17%急落、米LNGプラント稼働停止長期化で

[14日 ロイター] - 米天然ガス先物は14日の取引で約17%急落し、5週間ぶりの安値を付けた。米フリーポートLNGがテキサス州で運営する液化天然ガス(LNG)プラントの稼働停止が長期化するとの発表を受け、本来は輸出向けに液化加工される天然ガスが国内在庫に回る見通しとなった。

フリーポートLNGは先週に火災事故を起こしたLNGプラントについて、当初は少なくとも3週間稼働を停止するとしていたが、14日に再稼働まで90日間かかると発表した。

米天然ガス先物は中心限月の7月物の清算値が17%安の100万英熱量単位(mmBtu)当たり7.189ドルと、5月9日以来の安値を付けた。1月下旬以来の大幅下落だった。

一方、欧州のガス供給不安が高まり、指標価格(オランダTTF) は15%急騰。

同プラントは1日当たり20億立方フィートの天然ガスを液化加工して輸出に振り向けることができる。90日間の稼働停止で米市場に1800億立方フィート程度の余剰が生じることになる。

米国のガス在庫は現在、この時期の通常水準を約15%(3400億立方フィート)下回り、2019年4月以来の低水準となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up