for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米テキサス州、猛暑で計画停電も 天然ガスが10%上昇

[ヒューストン 11日 ロイター] - 米テキサス州で電力網を運営するテキサス電力信頼度協議会(ERCOT)は11日、記録的な猛暑が予想される中、計画停電を実施する可能性もあるとして、住民に今年2度目となる節電を呼びかけた。

米国立気象局(NWS)によると、州内の気温は10日に過去最高を更新。ヒューストンのブッシュ・インターコンチネンタル空港では華氏105度(摂氏40.6度)に達し、1909年に記録した華氏101度を上回った。

11日にも州の大部分で危険なほどの気温上昇が見込まれるという。

テキサス州を始め全米で平年より暑い天候が続くとの予測から、米国の天然ガス先物はこの日、約10%急騰。約2週間ぶりの高値を付けた。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の天然ガス先物8月限は、米東部時間時間午前9時22分(1322GMT、日本時間11日午後10時22分)時点で0.581ドル(9.6%)上昇、100万英熱量単位(mmBtu)当たり6.615ドルで推移している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up