for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英ナットウエスト、米国債不正操作への関与認める 3500万ドル支払いへ

12月21日、英金融大手ナットウエスト・グループ(旧ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド)の投資銀行部門ナットウエスト・マーケッツは、米国債市場の不正操作問題への関与を認め、罰金など約3500万ドルを支払うことで合意した。ロンドンのナットウエスト支店で2008年5月撮影(2021年 ロイター/Luke MacGregor)

[ワシントン 21日 ロイター] - 英金融大手ナットウエスト・グループ(旧ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド)の投資銀行部門ナットウエスト・マーケッツは21日、米国債市場の不正操作問題への関与を認め、罰金など約3500万ドルを支払うことで合意した。

米司法省の声明によると、同社は自社のトレーダーらが2018年まで10年にわたり続いた米国債市場の不正操作スキームに関与したことを認め、罰金や賠償金の支払いに加え、3年間監視対象となることを受け入れた。

ナットウエスト本体は1週間余り前、約4億ポンドのマネーロンダリング(資金洗浄)を防げなかったとして、英裁判所に2億6500万ポンド(約3億5200万ドル)の罰金を科されたばかり。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up