for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米とオランダ、半導体巡る対中規制で27日協議 合意の可能性も

 1月25日、先端半導体製造装置の対中輸出規制を巡り、オランダと米国の当局者が27日にワシントンで協議すると、関係筋2人が明らかにした。オランダ・フェルドホーフェンで2019年撮影(2023年 ロイター/Bart van Overbeeke Fotografie/ASML)

[25日 ロイター] - 先端半導体製造装置の対中輸出規制を巡り、オランダと米国の当局者が27日にワシントンで協議すると、関係筋2人が明らかにした。

匿名の関係筋によると、双方が詳細で合意できれば同日にも発表されるが、合意内容はすぐに発表されない可能性もあるという。

バイデン政権は昨年10月、先端半導体の技術や製造装置、関連人材について、中国との取引を事実上禁じた。同盟国にも足並みをそろえるよう要請し、特に製造装置に強みを持つ日本とオランダとの交渉に力を入れている。

オランダには半導体製造装置大手のASMLホールディングがあり、同社の2021年の中国向け販売は全体の15%を占めた。

別の関係者によると、主要な懸念は、サプライチェーン(供給網)の変更が小規模であっても、ここ数カ月で緩和された世界的な半導体不足が再燃する恐れがあることだという。

またオランダ側は、国家安全保障上の懸念による規制に反対しているほか、米国が自国の半導体業界を優遇する印象を与えないよう求めているという。

オランダ外務省はコメントを控えた。米当局者はコメント要請に直ちに応じなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up