for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、ノルドストリーム2建設阻止へ追加制裁検討=BBG

 3月18日、バイデン米政権が、ロシアとドイツを結ぶガスパイプライン「ノルドストリーム2」の建設を阻止するため追加制裁を検討していると、ブルームバーグが報じた。写真は「ノルドストリーム2」のためのパイプ。ドイツのザスニッツで昨年9月撮影(2021年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[18日 ロイター] - バイデン米政権が、ロシアとドイツを結ぶガスパイプライン「ノルドストリーム2」の建設を阻止するため追加制裁を検討していると、ブルームバーグが18日に報じた。同プロジェクトの親会社ノルドストリーム2を対象に加える可能性があるという。

報道によると、制裁は中間報告の形で発表され、バルト海でパイプライン敷設作業を行っている船舶に協力してきた保険会社や、同プロジェクトに支援の船舶や資材を提供してきた企業を名指しする可能性がある。

ノルドストリーム2を巡っては、ロシアに対する欧州のエネルギー依存が高まるほか、米国産液化天然ガス(LNG)輸出とも競合するとの懸念がある。

ブリンケン米国務長官は18日の声明で、ノルドストリーム2を完成させようとする動きを国務省は注視し、関与しているとみられる団体に関する情報を精査していると明らかにした。

「ノルドストリーム2パイプラインに関与する団体は米国の制裁を科されるリスクがあり、パイプラインに関する業務を直ちに停止すべきだ」と強調。同パイプラインや制裁に関する2019、20年の法律を順守することにバイデン政権はコミットしているとも表明した。

今年発効した制裁法は米国務省に対し、パイプライン敷設でノルドストリーム2を支援する企業や、保険、認証などを提供する企業に制裁を科すことを義務付けている。制裁対象になり得るとの警告を受け、保険会社など20社近くが最近プロジェクトから撤退した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up