June 11, 2018 / 5:30 AM / 4 months ago

米朝が実務者協議、12日首脳会談に向け最終調整

[シンガポール 11日 ロイター] - 米朝の当局者は11日、シンガポールで実務協議を開き、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の12日の首脳会談に向けた最終調整を行った。米朝間で非核化の認識について大きな相違があるとされる中、最終調整でどこまで立場をすり合わせられるかが焦点となる。

 6月11日、米朝の当局者は、シンガポールで実務協議を開き、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の12日の首脳会談に向けた最終調整を行った。写真はシェンロン首相との会談に向かう米国大統領と側近などを乗せた車。シンガポールで撮影(2018年 ロイター/Feline Lim)

トランプ米政権の匿名の高官は、米国側には楽観的なムードがある一方で、北朝鮮が長らく核兵器を開発してきたことを踏まえ、同程度の懐疑論もある、と指摘。「どんな展開になっても驚かない」と語った。

高官によると、トランプ氏と金氏は12日、最大2時間は首脳だけで会談。その後は側近らも加わり、さらに1時間ほど会談するという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below