for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ロ核戦争勃発なら国防総省や大統領別荘が標的に=ロシアメディア

[モスクワ 25日 ロイター] - ロシア国営テレビは24日夕、ロシアが核攻撃に踏み切る場合に攻撃対象にするとみられる米軍事施設を列挙し、ロシアが開発中の極超音速ミサイルがそれらを5分もかからず攻撃できると主張した。

想定される攻撃対象には、米国防総省や米大統領の別荘であるメリーランド州のキャンプデービッドも含まれている。

プーチン大統領は20日、ロシアメディアに対し、仮に米国が望むならキューバ危機のような事態に軍事的に対処する用意があると発言。対ロ関係の緊迫化を受けて米国が中距離核兵器の欧州配備に動けば、ロシアは極超音速ミサイルを搭載した潜水艦を米領海近くに展開するといった対応を迫られると述べていた。

24日夕放送のニュース番組「Vesti Nedeli」では、司会が米国の地図をみせて、核戦争となった場合に攻撃対象となり得る場所を示し、米大統領や軍の指令センターが攻撃対象になると指摘した。

この番組について、ロシア大統領府は25日、国営テレビの編集方針に干渉しない、と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up