for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

22年米原油生産・石油需要予想、前月から下方修正=EIA

 8月9日、米エネルギー情報局(EIA)は発表した短期エネルギー見通し(STEO)で、2022年の国内の原油生産と石油需要について、経済成長に伴い増加すると予想したものの、前月予想を下方修正した。写真はテキサス州 で2018年8月撮影(2022年 ロイター/Nick Oxford)

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米エネルギー情報局(EIA)は9日発表した短期エネルギー見通し(STEO)で、2022年の国内の原油生産と石油需要について、経済成長に伴い増加すると予想したものの、前月予想を下方修正した。

22年の米原油生産は前年比日量61万バレル増の日量1186万バレルと、前月予想(72万バレル増)から伸びを引き下げた。23年も前年比84万バレル増の1270万バレルと、前月予想(86万バレル増)から下方修正。ただ、共に21年の1125万バレルを上回ると予想した。過去最高は19年の1229万バレル。

22年の米国の石油など液体燃料の消費は、前年比56万バレル増の2034万バレルと、前月予想(70万バレル増)を下方修正。23年は41万バレル増の2075万バレルと、前月予想(32万バレル増)から上方修正した。過去最高は2005年の2080万バレル。 世界原油需要については、22年は前年比208万バレル増の9943万バレルと、前月予想(223万バレル増)を下方修正。23年は206万バレル増の1億0149万バレルと、前月予想(200万バレル増)を引き上げた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up