October 21, 2015 / 7:57 AM / 5 years ago

米シェールオイル、生産性の伸び悩み鮮明 技術革新の限界に直面

[ヒューストン 21日 ロイター] - 米国のシェールオイル会社はこれまで、新技術を駆使して掘削リグの生産性を飛躍的に向上させてきたが、最近は生産性の伸び悩みが鮮明だ。生産は今後減少し、世界の需給のリバランスにつながる可能性がある。

リグ1基が掘削した新井からの生産量は、この1年4カ月の間に約30%増加した。これにより、原油価格が1バレル=50ドルを割り込むなか、米原油生産はここ数十年ぶりとなる高水準に押し上げられた。

しかし最近の官民のデータによると、リグあたりの生産量は横ばいになっており、技術革新が限界に達している可能性が示唆されている。

フロスト・インベストメント・アドバイザーズのファンドマネジャーで、シニアリサーチアナリストのテッド・ハーパー氏は「技術革新などによる生産の押し上げ効果は、その大半が消えつつある」と指摘。「北米生産量は年末にかけて減少が加速する」との見方を示した。

コンサルタント会社のドリリングインフォは、ロイターに対して、米国のシェールオイルの3大生産地域(パーミアン・ベースン、イーグル・フォード、バッケン)における井戸の生産性は今年7月もしくは8月以降は、低下するか、または横ばいとなっている、と明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below