for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米戦略石油備蓄、最大2000万バレル放出へ

 1月14日、米エネルギー省は、2015年と18年に成立した法律に基づき、戦略石油備蓄から最大2000万バレルを放出する計画を明らかにした。米テキサス州ミッドランドの油田で2019年2月撮影(2021年 ロイター/Nick Oxford)

[ワシントン 14日 ロイター] - 米エネルギー省は14日、2015年と18年に成立した法律に基づき、戦略石油備蓄から最大2000万バレルを放出する計画を明らかにした。

15年に成立した超党派予算法と18年に成立した包括歳出法案は、2021年度中に1000万バレルを若干上回る水準の備蓄売却を義務付けている。

さらに、テキサス州とルイジアナ州の備蓄近代化の費用として、最大4億5000万ドル相当の石油売却が認められており、追加で1000万バレルを放出する可能性があるとしている。

今後需給状況を見極め、売却の時期や規模を決定するとしている。

現在の備蓄は6億3800万バレル超となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up