for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、22日に「青い太平洋のパートナー」会合主催 中国に対抗

 9月19日、ブリンケン米国務長官は22日、「青い太平洋のパートナー」(PBP)の会合を主催する。米首都ワシントンで16日撮影(2022年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 19日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は22日、「青い太平洋のパートナー」(PBP)の会合を主催する。米国家安全保障会議(NSC)のカート・キャンベル・インド太平洋調整官がニューヨークで行われたイベントで明らかにした。

PBPは中国との競争激化を受けて6月に米国が創設。同国とオーストラリア、日本、ニュージーランド、英国で太平洋諸国との経済・外交関係を強化する新たな構想で、インドはオブザーバーとして参加し、他にも数カ国が参加するという。

キャンベル調整官は、太平洋島しょ国の状況はかつてより「はるかに悲惨」と指摘。これらの国は気候変動や新型コロナウイルス禍による観光収入とビジネスへの深刻な影響から存亡の危機に直面しているとした。

キャンベル氏は、「こうした国々への支援は本来の協力体制を発揮できておらず、われわれは最善の方法を学習していない。今後は既存の機関や活動を基盤にその方法を模索していく」と述べた。

さらに「近年、中国が軍事面などでインド太平洋地域での存在を強化する野心を強めており、オーストラリアやニュージーランドといったパートナーをはじめ地域全体の諸国に不安を与えている」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up