for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、超音速兵器を迎撃へ システム開発にノースロップら3社選定

 米国防総省は19日、超音速兵器を迎撃するミサイルシステムの研究開発に向け、ノースロップ・グラマン、ロッキード・マーチン、レイセオンを選定したと発表した。2018年7月撮影(2021年 ロイター/Peter Nicholls)

[ワシントン 19日 ロイター] - 米国防総省は19日、超音速兵器を迎撃するミサイルシステムの研究開発に向け、ノースロップ・グラマン、ロッキード・マーチン、レイセオンを選定したと発表した。

3社別々の契約で、発注額は計およそ6000万ドル。目標に向かって大気圏内を滑空してくる超音速兵器を、小型衛星群とセンサーで誘導した兵器で撃ち落とすシステムの開発に当たる。

米ミサイル防衛局が2022年に計上した同システムの研究開発と試験・評価の予算は1億3600万ドルだが、最終的に防衛産業は数十億ドルを手にする見込みだ。

米国をはじめ各国は超音速兵器の開発を強化しており、結果として防御態勢も高速化が求められている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up