July 15, 2020 / 11:20 PM / a month ago

米国務長官、ロシアの欧州・トルコ向け送油管関連企業に制裁警告

7月15日、ポンペオ米国務長官(写真)は記者会見で、ロシアから欧州とトルコに天然ガスを輸送する2本のパイプラインに関係している企業について、米国の制裁対象になる可能性があると述べた。ワシントンの米国務省で代表撮影(2020年 ロイター)

[ワシントン 15日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は15日の記者会見で、ロシアから欧州とトルコに天然ガスを輸送する2本のパイプラインに関係している企業について、米国の制裁対象になる可能性があると述べた。ロシアが欧州やトルコへの影響力を拡大するのを阻止する狙いとみられる。

パイプラインの名称はロシア-ドイツ間が「ノルドストリーム2」、ロシア-トルコ間が「トルコストリーム」。ポンペオ氏は「ロシアの悪影響を広げるプロジェクトを後押しする企業は許されないとはっきり警告する」と言い切った。

米国は国内でだぶついている液化天然ガス(LNG)を欧州に輸出することを目指しているほか、欧州がノルウェーなどロシア以外からLNGを調達する取り組みも支援している。

ロシア外務省の報道官は「これは不公正な競争を生み出すための政治的圧力の行使だ。強制手段のほかに有効な手がないという、米国のシステムのもろさを示している」と論評した。

ノルドストリーム2の建設は昨年12月、請け負っていたスイス・オランダ系企業の撤退で中断した。トランプ大統領が今回とは別の形の制裁を盛り込んだ国防関連法案に署名したことが理由だった。

ただ、残りの工区はロシア国営のガスプロム(GAZP.MM)主導で完成される可能性がある。ガスプロムはコメント要請に応じなかった。

そのほかノルドストリーム2には、英・オランダ系石油会社ロイヤル・ダッチ・シェル(RDSa.L)や、オーストリア、ドイツ、フランスの企業なども関係している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below