August 29, 2019 / 12:32 AM / 22 days ago

一段の米利下げ必要か様子見、消費・物価を注視=SF連銀総裁

 8月29日、米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は、米経済は「力強い」が不確実性と世界経済の減速による逆風に直面していると述べ、一段の利下げの必要性について「様子見」姿勢をとっていると明らかにした。写真は昨年2月に撮影(2019年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[ウェリントン(ニュージーランド) 29日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は29日、米経済は「力強い」が不確実性と世界経済の減速による逆風に直面していると述べ、一段の利下げの必要性について「様子見」姿勢をとっていると明らかにした。

総裁は講演後に記者団に「私は現在様子見姿勢だ」とし、今後数週間の消費者信頼感や個人消費、インフレに関する経済指標や聞き取り調査に注目していると語った。

インフレについては「一段と力強い」データを得ることができれば自信が深まるが、軟調ならよく考えたいと述べた。

先月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で2─2.25%への利下げを支持したのは、経済に「やや緩和的な」政策をもたらすためと説明した。

次回のFOMCは9月17─18日に行われる。金融市場は少なくとも25ベーシスポイント(bp)の利下げをほぼ織り込んでいる。

デイリー総裁は、インフレ率がFRBの目標を長期にわたって下回る状況を放置すれば、景気が将来減速した際に対応する能力が阻害されると述べ、インフレをより懸念していることを示唆した。

「われわれのツールを早期かつ予防的に活用することは、静観しているよりも良い」と指摘し、溝に落ちてそこから抜け出そうとするよりも、最初から溝を避けるほうが良いと説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below