for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ポンペオ米国務長官、ゴラン高原を訪問へ

[エルサレム 19日 ロイター] - イスラエルを訪問中のポンペオ米国務長官は19日、ゴラン高原を訪問すると表明した。

ゴラン高原はイスラエルが1967年にシリアから奪った占領地。トランプ政権は昨年、ゴラン高原のイスラエル主権を認めたが、国連をはじめとする大半の国際社会は、イスラエルの主権を認めていない。

ポンペオ長官はエルサレムで「今日、ゴラン高原を訪問する機会があるだろう。この地域をイスラエルの一部とみなすという明快な認識は、トランプ大統領が下した歴史的に重要な決断であり、ただ単に現実を認識したものにすぎない」と述べた。

パレスチナ自治政府のアッバス議長のスポークスマンは「ポンペオ長官の占領地への訪問は、この占領への積極的な協力を意味する」と表明。

イスラエルのネタニヤフ首相は、ポンペオ長官とトランプ大統領の中東政策に謝意を示した。

ポンペオ長官はイスラエル滞在中に新たな対イラン制裁を発表。イスラエルの経済的・外交的な孤立を狙う運動への対抗措置を強化する方針を示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up