for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米欧、トルコの行動に協力して対応すべき=ポンペオ米国務長官

[パリ 16日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は、中東における過去数カ月間のトルコの行動について、米政権と欧州が協力して対応する必要があるとの考えを示した。仏紙フィガロに対し述べた。

ポンペオ氏は、ナゴルノカラバフ地域の帰属を巡るアゼルバイジャンとアルメニアの紛争でトルコがアゼルバイジャンを支援したことや、リビアや地中海でのトルコ軍の動きに言及し、「トルコの最近の行動は非常に攻撃的だとの認識でマクロン仏大統領と一致している」と述べた。

その上で「欧州と米国は協力して、そうした行動がトルコ国民の利益にならないことをエルドアン大統領に納得させる必要がある」との考えを示した。

トルコが軍事力の利用を拡大しているのは懸念材料だとしたものの、同国が北大西洋条約機構(NATO)にとどまるべきか、脱退すべきかには言及しなかった。トルコ国内には米空軍基地がある。

ポンペオ氏はイラン問題にも触れ、米政権はイランへの圧力を維持するためにやるべきことがまだあると述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up