for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゲイツ氏の原子力ベンチャー、次世代炉建設へ ワイオミング州で

 6月2日 米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が会長を務める原子力ベンチャーのテラパワーと電力会社パシフィコープは、米ワイオミング州にナトリウム冷却型の次世代原子炉第1号を建設する。2018年4月、フランスのパリで撮影(2021年 ロイター/Charles Platiau)

[ワシントン 2日 ロイター] - 米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が会長を務める原子力ベンチャーのテラパワーと電力会社パシフィコープは、米ワイオミング州にナトリウム冷却型の次世代原子炉第1号を建設する。同州のマーク・ゴードン知事が2日、明らかにした。

ゲイツ氏は約15年前にテラパワーを立ち上げ、「ナトリウム」と呼ばれる次世代原子炉の開発を支援してきた。パシフィコ―プは著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイの傘下企業。今回建設されるナトリウム原子炉実証プラントの詳しい建設地は年末までに発表するとした。

「ナトリウム」などの次世代小型原子炉は、従来型の原子炉とは異なる核燃料を使う。各州が温暖化ガス削減の取り組みを強化する中、風力や太陽光などの不安定な電力源を補完できるゼロエミッション技術として期待する声が一部である。

ゴードン知事は、二酸化炭素排出をマイナスにするための「最速かつ最も明確な道筋だ」と強調した。

同プロジェクトのナトリウム冷却型原子炉は発電能力が345メガワットで、溶融塩エネルギー貯蔵システムを組み合わせれば最大出力が500メガワットになる。テラパワーは昨年、建設費を約10億ドルと試算した。

米エネルギー省は昨年、「ナトリウム」システムの実証プロジェクトに8000万ドルを資金提供し、今後数年内の追加支援も約束した。

テラパワーのクリス・レベスク最高経営責任者(CEO)は実証プラントの建設には約7年を要すると説明。「2030年代の送電網にはこのようなクリーンエネルギーが必要になる」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up