November 28, 2018 / 4:30 AM / 12 days ago

米個人情報保護法案、来年早期の準備完了に期待=上院議員

 11月27日、民主党のリチャード・ブルーメンソール上院議員(写真)は、個人情報保護に向けた法案の策定作業が来年の議会の「早期に」完了することに期待を示した。写真はワシントンで10月撮影(2018年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 27日 ロイター] - 民主党のリチャード・ブルーメンソール上院議員は27日、個人情報保護に向けた法案の策定作業が来年の議会の「早期に」完了することに期待を示した。ネット上の顧客の個人情報を悪用あるいは流出させた企業に対し、米政府が民事制裁金を科すことを可能にすることも想定されている。

上院商務・科学・運輸委員会の小委員会はこの日、法案の諸要素について協議。米連邦取引委員会(FTC)に法執行機関として通信会社と非営利団体の監督、規制の制定、民事制裁金の徴収といった権限を与える可能性などが話し合われた。

個人情報保護法案に関する協議は、米信用調査会社エクイファックス(EFX.N)などで発生した大規模な個人情報流出問題が発端となった。

与野党の議員らはともに、フェイスブックF.Bやアルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグル、ツイッター(TWTR.N)による個人情報管理の不備などについて批判してきた。

消費者保護・製品安全・保険・データセキュリティーを担当する小委員会の委員長を務める共和党のジェリー・モラン議員は、個人情報保護に向けた規制は支持するが、民事制裁金の必要性については判断しかねていると表明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below