April 19, 2019 / 8:51 AM / a month ago

ブログ:移民とともに川の中へ、ピュリツァー受賞写真の裏側

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 中米ホンジュラスの砂ぼこり舞う町から、メキシコと米国の国境を流れるリオグランデ川まで、ロイターのカメラマンたちは歩き、水の中を進み、小型機に乗り、母国の暴力から逃れようと米国を目指す移民の姿を写真に収めた。

 4月16日、中米ホンジュラスの砂ぼこり舞う町から、スペインと米国の国境を流れるリオグランデ川まで、ロイターのカメラマンたちは歩き、水の中を進み、小型機に乗り、母国の暴力から逃れようと米国を目指す移民の姿を写真に収めた。スチアテ川で2018年10月撮影(2019年 ロイター/Adrees Latif)

人々が立ち向かう困難と、その政治的影響を追う取り組みは、15日の2019年ピュリツァー賞・ニュース速報写真部門受賞という形で評価された。選考委員会は、「中米から米国を目指す移民たちの切迫感、必死さ、悲しみを鮮明かつ衝撃的なビジュアルで紡いだ」とコメントした。

グアテマラからメキシコに入国した移民キャラバン。シウダード・イダルゴで2018年10月撮影(2019年 ロイター)

受賞作品は11人のカメラマンが撮影した一連の写真20枚で、彼らは14カ国から集まった大規模な取材チームの一員だった。移民を目指す集団とともに何日も歩き続けたカメラマンもいた。

カメラマン、運転手、コーディネーターで構成された米国と中米の現地チームをサポートするため、世界中からスタッフが応援にかけつけた。彼らの多くは出張期間が数週間、数カ月間に及んだ。

ロイターのラテンアメリカ担当の写真編集者で、メキシコ市支局のクラウディア・ダウトは、「異なるバックグラウンドを持つフォトグラファーをそろえることが大事」と語る。「文化的背景が異なる国から来た人たちは、同じ物事も違う視点から見る」

壁を乗り越えて米国に不法に入国するホンジュラス人の男性。メキシコ・ティファナで2018年12月撮影(2019年 ロイター/ALKIS KONSTANTINIDIS)

ダウトは、北米担当の写真編集者でニューヨーク支局のコリン・パーキンスとともに、早い段階から移民問題を最優先の取材テーマに据えた。彼らは、トランプ米大統領が「キャラバン」に注目する前からリソースを優先して充てていた。

20枚のうち9枚は、2008年にピュリツァー賞を受賞し、国境付近で5カ月を過ごしたアドリース・ラティーフが撮影した。

米国とメキシコの国境のリオグランデ川で、多数の難民申請希望者をゴムボートに乗せて向かって来る密入国を請け負う業者。2018年10月撮影(2019年 ロイター/ADREES LATIF)

そのうち1枚は米国とメキシコの国境であるリオグランデ川に腰まで漬かって撮影したもので、密入国を請け負う業者が多数の難民申請希望者をゴムボートに乗せ、向かって来る様子をとらえた。ラティーフはこの写真を撮るため、周囲の風景に溶け込むデザインの服に身を包み、数時間にわたって川の北岸で決定的瞬間を待った。

ラティーフは2018年10月にも、グアテマラとメキシコ国境を流れるスチアテ川で、片腕で5歳の子どもを抱え、胸まで水に漬かって川を渡るホンジュラス人の男性を撮影した。

どちらの写真も焦点距離35mmのレンズを使用したため、被写体に近づく必要があったという。

ラティーフは、「移民たちが、自分と子どもたちのためにどのような危険を冒しているかを写したかった」と語る。「彼らがどんな修羅場をくぐりぬけているか、写真を見る者が体感するには私が水に入る必要があった」

米テキサス州トルニージョの移民収容所で、1列に並んで歩かされる子どもたち。2018年6月撮影(2019年 ロイター/MIKE BLAKE)

2018年6月には、マイク・ブレイクが米テキサス州トルニージョの移民収容所を撮影した。揺れの激しい小型機で上空300メートルを飛び、子どもたちがまるで囚人のように1列に並んで歩かされている様子を写した。

この写真はワシントン・ポスト紙やニューヨーク・タイムズ紙の一面を飾り、世界中の人々の間に怒りを巻き起こした。それから間もなく、トランプ大統領は国境で不法移民を子どもから引き離す政策を撤回する大統領令に署名した。

米国側からメキシコ側に放たれた催涙ガスから逃れようと子どもの手を引く母親。2018年11月撮影(2019年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

注目を集めたもう1枚は、キム・キョンフンが撮影した娘2人の手を引く母親の写真だ。母親は米国側からメキシコ側に放たれた催涙ガスから逃れようと、双子の腕を片方ずつつかんでいる。1人はおむつをはき、足はゴムサンダル姿で、もう1人ははだしだ。

キムは東京支局に勤務する韓国国籍のカメラマンで、メキシコ国内の移民キャラバンを撮影していた。

グアテマラと国境を接するメキシコのシウダード・イダルゴで子どもを抱える男性。2018年10月撮影(2019年 ロイター/UESLEI MARCELINO)

ブラジル人カメラマンのウェズレイ・マルセリーノは、グアテマラと国境を接するメキシコ側で、前歯のない男性が機動隊に囲まれ、赤ん坊を抱えこむ姿を撮影した。

ホンジュラスのサン・ペドロ・スラで、殺害されたギャングの遺体のかたわらを歩くおんどり。2018年9月撮影(2019年 ロイター/GORAN TOMASEVIC)

キャラバンに参加した移民たちは、殺人の発生率が世界で最も高い町のひとつ、ホンジュラスのサン・ペドロ・スラから逃れてきた集団だ。

この町では、イスタンブール支局から来たセルビア人カメラマン、ゴラン・トマシェビッチが、殺害されたギャングの遺体のかたわらを歩くおんどりを撮影した。人々が母国から逃げざるをえなくなった、暴力というものを表す一枚だ。

ピュリツァー賞、ロイターが2部門受賞(15日)

(文責:Daniel Trotta)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below