for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日米豪印首脳、初の直接会合 バイデン氏「難題に挑む用意」と表明

[ワシントン 24日 ロイター] - 日本・米国・オーストラリア・インドの4カ国首脳会合(クアッド・サミット)が24日、ホワイトハウスで開催された。対面形式での会合は今回が初めて。インド太平洋地域での中国の影響力を念頭に、新型コロナワクチン供給やインフラ、テクノロジーなどを巡る連携で進展を目指す。

バイデン大統領は会合の冒頭で、クアッド4カ国が「問題への対処を心得ており」、「難題に挑む」用意ができていると言明。菅義偉首相も、会合は4カ国の強い結束を示し、「自由で開かれたインド太平洋への揺るぎないコミットメント」を鮮明にすると強調した。

オーストラリアのモリソン首相は「われわれはインド太平洋地域が常に抑圧から自由であり、全ての国の主権が尊重され、紛争が国際法に従い平和的に解決されることを望んでいる」と語った。

バイデン大統領は、3月にバーチャル形式で開催されたクアッド会合で合意した新型コロナスワクチンを巡るイニシアチブについて、「総供給量の拡大に向け、インドで10億回分のワクチンを追加製造する軌道に乗っている」と語った。

会合に先立ち、中国外務省の趙立堅報道官は24日、「他国を標的とした排他的なグループは時代の潮流に反している」と批判。「支持を得られず、失敗に終わるだろう」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up