for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

21年米企業利益見通し上方修正、好調な昨年第4四半期決算受け

2021年の米企業業績見通しを引き上げる動きが広がっている。予想外に好調となった20年第4・四半期の企業決算や、米景気回復を巡り楽観的な見方が増していることが背景にある。写真は昨年3月、ニューヨーク証券取引所前で撮影(2021年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 2021年の米企業業績見通しを引き上げる動きが広がっている。予想外に好調となった20年第4・四半期の企業決算や、米景気回復を巡り楽観的な見方が増していることが背景にある。

リフィニティブによると、先週5日時点で、S&P総合500種株価指数構成企業の21年予想増益率は23.9%。20年の12%減から大きく盛り返すことが見込まれている。

20年第4・四半期利益は5日時点で、前年同期比4.1%の伸びを記録。市場予想は10.3%減だった。

企業業績の伸びに伴い今年の株価上昇への期待も高まる。

クレディ・スイス・セキュリテーズのチーフ米国株式ストラジテスト、ジョナサン・ゴラブ氏は、企業利益が急速に拡大すれば株価収益率(PER)が低下し、「年末にかけ、株価に大幅な割安感が生じるだろう」と述べた。

しかし、S&Pが昨年3月の安値から70%超値上がりする中、バリュエーションを巡る懸念は根強い。リフィニティブによると、今後1年のS&Pの予想PERは22倍と、長期平均の15倍を上回っている。

DWSのデイビッド・ビアンコ最高投資責任者は、ハイテク株の見通しについては不安を感じていないと指摘。ハイテク株は「必ずしも成長加速や経済再開の恩恵を受けるわけではない」と述べた。

S&P構成企業による第1・四半期決算発表は4月半ばに始まり、前年同期比22%の増益となることが予想されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up