for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今年の新学期商戦、売り上げ過去最高へ 値上げが寄与=調査

デロイトの調査によると、今年の新学期商戦の売り上げは5.8%増の344億ドルと過去最高を記録する見通し。写真はニュージャージー州ノースプレーンフィールドの小学校で昨年10月撮影(2022年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[14日 ロイター] - デロイトの調査によると、今年の新学期商戦の売り上げは5.8%増の344億ドルと過去最高を記録する見通し。

インフレで衣料品や学用品が値上がりしていることに加え、新型コロナウイルス対策の緩和で対面授業を再開する学校が増えていることが背景。

調査は学齢期の子どもを持つ親1200人を対象にオンラインで実施した。

3世帯に1世帯が昨年より家計が悪化していると回答したが、学生一人当たりの平均支出額は8%増の661ドルと、新型コロナ流行前の水準を27%上回る見通し。

先月発表されたマスターカード・スペンディングパルスのデータでも、新学期商戦は好調で7.5%の増加が見込まれている。客足の回復で百貨店販売が増える見通しという。

デロイトによると、新学期商戦の支出の半分近くは実店舗で行われる見通し。新型コロナの流行で急成長したオンライン販売は鈍化するとみられている。

サプライチェーンの混乱を受けた品不足に対する懸念から早めに買い物を済まれる人が多いと予想されるという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up