for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米石油・ガス掘削リグ稼働数、2カ月連続増=ベーカー・ヒューズ

米エネルギー企業ベーカー・ヒューズの週間データ(11月23日までの週)によると、米国内の石油・天然ガスの掘削リグ稼働数は前週比2基増の784基で、2020年3月以来の高水準となった。写真は米テキサス州ミの油田で、掘削装置の前で操作するポンプジャッキで2018年8月撮影(2022年 ロイター/Nick Oxford)

[23日 ロイター] - 米エネルギー企業ベーカー・ヒューズの週間データ(11月23日までの週)によると、米国内の石油・天然ガスの掘削リグ稼働数は前週比2基増の784基で、2020年3月以来の高水準となった。

原油価格が比較的高水準で推移し、掘削意欲が高まったことから、4週連続で増加した。2カ月連続の増加となっている。

ベーカー・ヒューズは、米感謝祭の祝日を受けて通常より2日早く週間統計を発表した。

石油掘削リグは前週比4基増の627基で20年3月以来の高水準。天然ガス掘削リグは2基減の155基となった。

月間では16基増と、6月以来の高水準。初めて2カ月連続の増加となった。内訳は石油掘削リグが17基増、天然ガス掘削リグが1基減。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up