December 29, 2019 / 9:30 PM / a month ago

米石油掘削リグ稼働数、3週間ぶりに減少 12月は増加=ベーカー・ヒューズ

[27日 ロイター] - 米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した12月27日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は、前週比8基減少し677基となった。稼働数が減少するのは3週間ぶり。前年同期は885基だった。

リグ稼働数は、年初から208基減少し、今年は2016年以降で初めて減少となった。ただ減少幅は、1987年の統計開始以降最大の落ち込みとなった2015年の963基と比べると小幅にとどまっている。

12月の稼働数は13カ月ぶりに増加。四半期ベースでは4期連続で減少。4四半期連続の減少は、1999年(7四半期連続の減少)以来、初めて。

今年は新規油井開発のためのリグの稼働数が減少したが、主要シェール鉱区のリグの生産性が過去最高水準に高まったことを一因に、原油生産は増加基調だった。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は、今年の原油生産量が日量1230万バレルと、過去最高だった2018年の1100万バレルを上回り、2020年は1320万バレルに増加すると予想している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below