for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米石油掘削リグ稼働数、4週間ぶり増加=ベーカー・ヒューズ

[17日 ロイター] - 米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した1月17日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は、前週比14基増の673基で、4週間ぶりに増加した。

前年同期の稼働数は852基だった。

エネルギー価格の低迷を背景に、独立系の探査・生産会社が新規の掘削への支出を削減する中、2019年のリグ稼働数は16以来の減少を記録した。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は14日、2020年の米原油生産量が過去最高となる日量1330万バレルになるとの見通しを発表した。21年の産油量は、前年比41万バレル増の日量1371万バレルと見込んでいる。2019年は18%増の日量1220万バレルとなる見通し。

21年の産油量の前年比伸び率は3%と、2016年以来の低い伸びが予想されている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up