for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米石油・ガス掘削リグ稼働数、1月以来の増加幅=ベーカー・ヒューズ

[19日 ロイター] - 米石油サービス会社ベーカー・ヒューズのデータによると、米国内で稼働している石油・天然ガス掘削リグ数は、原油価格がこのところの高値から後退したものの、1月以来最大の増加となった。

3月19日までの週の石油・天然ガス掘削リグの稼働数は、前週から9基増の411基で4月以来の高水準。7カ月連続で増えており、昨年8月に記録した過去最低の244基から68%増加している。

うち、石油掘削リグは9基増の318基で、昨年5月以来の高水準。半数以上がテキサス州西部とニューメキシコ州東部にまたがるパーミアン盆地では4基増で、昨年5月以来の216基が稼働している。

今週の米WTI原油先物は、今月付けた2年4カ月ぶり高値から下落。欧州の新型コロナウイルス感染拡大を懸念し、昨年9月以来の下落率を記録した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up