June 27, 2018 / 3:39 PM / 22 days ago

米ロが首脳会談開催で合意、日程・場所は28日発表 候補にヘルシンキ

[モスクワ 27日 ロイター] - ロシアのウシャコフ大統領補佐官(外交政策担当)は27日、米ロ首脳会談を近く開催する方向で米政府と合意したと発表した。ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)とロシアのプーチン大統領との会談後に明らかにした。

ウシャコフ補佐官は記者団に対し、開催地は両国と国交のある第三国となる見通しで、準備に向け今後数週間の時間が必要になると説明。

米・ロシア両政府が28日に首脳会談の日程および開催場所を発表する予定という。

一方、トランプ米大統領は27日、プーチン大統領との首脳会談について、自身が出席する来月11─12日の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の後に、ヘルシンキで行う可能性を示した。

大統領は記者団に対し、プーチン氏とシリアやウクライナ情勢など多くの議題を話し合う考えを示した。

しかし、11月に行われる米中間選挙にロシアが介入を図るとした米情報当局の警告には言及しなかった。

米ロ首脳が顔を合わせたのは、昨年11月にベトナムで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が最後。

米ロ首脳会談の開催は、ロシアを孤立させたい英国など米国の同盟国の反感を買うほか、米国内の反トランプ勢力からも強い反対にあう可能性が高い。

ロシアのウシャコフ補佐官は、米ロ首脳会談は数時間に及ぶ可能性があると指摘。両首脳が両国関係と国際的な安全保障の改善に向けた共同宣言を出す可能性にも言及した。

また、首脳会談の前に外相会談が行われる見通しだと述べた。

モスクワを訪れたボルトン補佐官と会談したプーチン大統領は27日、米ロ関係は最良の状態にはないが、今回の訪問によって関係修復への第一歩を踏み出せるとの期待がもたらされたと発言。「ロシアは決して対立を望まない」とも述べた。

ウシャコフ補佐官は27日の米政府との協議で、米国の対ロシア制裁は取り上げられなかったと説明。首脳会談での4つの主要テーマとして、核の戦略的安定性、国際テロリズムとの闘い、ウクライナやシリア内戦など地域の問題、米ロ関係を挙げた。

ボルトン補佐官は記者団に対し、米ロ首脳会談では米国政治へのロシアの介入問題が話し合われるとの見方を示した。また、トランプ大統領がロシアの主要7カ国(G7)への復帰を取り上げる可能性を排除しないとも発言。さらに、首脳会談での具体的な成果を必ずしも期待していないとした。

*内容とカテゴリーと写真を追加しました。

 6月27日、ロシアのウシャコフ大統領補佐官(外交政策担当)は、米ロ首脳会談を近く開催する方向で米政府と合意したと発表した。写真はベトナムのダナンで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際に会話を交わすプーチン大統領(左)とトランプ大統領。2017年11月撮影(2018年 ロイター/Jorge Silva/File Photo)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below