August 21, 2018 / 8:40 AM / 3 months ago

米保守派団体サイト狙ったロシア系ハッカーを阻止=マイクロソフト

[21日 ロイター] - 米マイクロソフトは20日、ロシア政府とつながりを持つとされるハッカー集団が、米保守派団体からユーザー情報を不正に取得しようとする試みを阻止したとブログで発表した。

マイクロソフトのデジタル犯罪対策ユニット(DCU)は先週、裁判所命令に基づき、「ストロンチウム」という集団が作成した6つのインターネットドメインのコントロールを移すなどした。同集団は「ファンシー・ベア」「APT28」という名でも知られ、ロシア政府と関連があるとされる。

マイクロソフトは「2018年の米中間選挙を控え、こうした試みが米政党の関連団体にセキュリティー上の脅威を与えていることを懸念している」とした。

ハッカー集団は、米上院の3つのウェブサイトとマイクロソフトの「オフィス365」のウェブサイトのほか、民主主義を推進する「共和党国際研究所」、サイバーセキュリティーを含むテーマの会合を主催する「ハドソン研究所」のウェブサイトを模した偽サイトを用意。サイトの訪問者がユーザーネームとパスワードを入力することで、ユーザーの情報を不正に取得することを狙った。

マイクロソフトは「現時点では偽ドメインが情報の不正取得に成功したかどうかを示す証拠はない」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below