for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米・ロシアの駆逐艦、フィリピン海航行中に異常接近

[モスクワ/東京 7日 ロイター] - 米国とロシアの駆逐艦が7日、フィリピン海を運航中に異常接近する事案が発生した。

ロシアの通信社は、ロシア太平洋艦隊の情報として、米海軍の誘導ミサイル巡洋艦「チャンセラーズビル」が、ロシア駆逐艦「アドミラル・ビノグラドフ」に50メートルの距離まで接近したと報じた。アドミラルは衝突を回避するため、緊急措置を迫られたという。

米国はロシア側の説明を否定。米海軍第7艦隊の報道官は、アドミラルがチャンセラーズビルに15─30メートルの距離に迫り、「危険な行動を取った」と主張した。シャナハン米国防長官代行は、外交筋を通じ正式に責任を追及すると表明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up