December 26, 2019 / 6:07 AM / 22 days ago

ノルドストリーム2、ロシア大統領が自力建設を示唆 米制裁で

 12月25日、ロシアのプーチン大統領は25日、ドイツに天然ガスを送る海底パイプライン「ノルドストリーム2」建設事業について、自国が保有するパイプ敷設船で完成させることが可能との認識を示した。写真はモスクワの大統領府で代表撮影(2019年 ロイター)

[モスクワ 26日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は25日、ドイツに天然ガスを送る海底パイプライン「ノルドストリーム2」建設事業について、自国が保有するパイプ敷設船で完成させることが可能との認識を示した。ロシア紙コメルサントが26日、複数の匿名の情報筋の話として伝えた。

米国では今月、ノルドストリーム2敷設事業に参加する企業に制裁を科す法律が成立。これに伴い、スイス・オランダ系のオールシーズが制裁を回避するためパイプ敷設船による敷設作業を中止した。

コメルサントによると、プーチン大統領は25日夜、財界要人らに対し、ロシアがパイプ敷設船を有すると述べるとともに、米国の制裁により完成は数カ月「延びる」見通しを示した。

事業に参加している欧州企業が作業を中止した場合、頼みの綱はガスプロム(GAZP.MM)が2016年に購入した特殊なパイプ敷設船「アカデミック・チェルスキー」となる。

ガスプロム関係者は、具体的な数字を示さず、チェルスキーの平均敷設速度はオールシーズの敷設船に劣ると述べた。リフィニティブのアイコンデータによると、チェルスキーは現在、太平洋側のナホトカに係留されている。

米国の制裁が決定する前、ロシアはノルドストリーム2が2020年半ばごろ、ないしその前に稼働するとの見通しを示していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below