July 1, 2018 / 10:33 PM / 4 months ago

サウジ国王は必要があれば原油増産すると発言=米ホワイトハウス

 6月30日、米ホワイトハウスは、サウジアラビア国王がトランプ大統領に、必要があれば原油増産が可能であると述べたと表明した。5月撮影(2018年 ロイター/Ahmed Jadallah)

[ワシントン/リヤド 30日 ロイター] - 米ホワイトハウスは30日、サウジアラビアのサルマン国王はトランプ大統領に、必要があれば原油増産が可能であり、サウジには日量200万バレルの生産余力があると述べたとの声明を発表した。これより前、トランプ大統領はツイッターで、国王が200万バレルの増産で合意したと述べており、これを修正した格好となった。

ホワイトハウスは声明で、トランプ大統領は29日、サルマン国王に石油市場には一段の供給が必要だと述べ、国王は必要があれば増産の用意があると述べたと明らかにした。「国王は、サウジには200万バレルの生産余力があり、市場の均衡を維持するために必要であれば、慎重にそれを利用すると語った」という。

石油輸出国機構(OPEC)とロシアを中心とする非加盟産油国は6月22日の会合で、合計で日量70─100万バレルの増産で合意しており、200万バレルの増産幅はこの2倍の規模となる。

ツイートでトランプ大統領は、イランとベネズエラの問題を踏まえ、サウジアラビアに最大200万バレルの増産を通じて穴埋めするよう要請したとし、「彼は合意した!」と書き込んでいた。

一方、サウジのメディアは200万バレルの増産について何も報じず、サウジの石油関連の高官らからのコメントもなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below