for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米SEC、市場と取引先リスク「警戒を」 ブローカーに異例の要請

米証券取引委員会(SEC)は14日、ブローカー・ディーラーなど市場参加者に対し、市場動向とカウンターパーティー(取引先)リスクへの警戒を続けるように異例の呼び掛けを行った。写真はニューヨーク証券取引所。3月7日撮影(2022年 ロイター/Andrew Kelly)

[ワシントン 15日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)は14日、ブローカー・ディーラーなど市場参加者に対し、市場動向とカウンターパーティー(取引先)リスクへの警戒を続けるように異例の呼び掛けを行った。

カウンターパーティーリスクを注視し、マージン(証拠金)あるいは担保を「可能な限り最大限」保有し、ポジションのストレステストを行うよう要請した。

ロシアのウクライナ侵攻とそれに伴う西側の対ロシア制裁を受け、世界の株式・商品市場のボラティリティーは異常に高まっている。

先週は原油や金属、その他の原材料の相場が大きく変動したため、清算機関などでマージンコール(追加証拠金の請求)が相次ぎ、資金のないカウンターパーティーは取引を確保するために流動性のある担保の差し入れを迫られた。

多額のマージンコールが突如発生すれば、流動資産を十分持たないカウンターパーティーの財務基盤は圧迫されることになる。

SECは今回、ブローカー・ディーラーに対し、流動性懸念が生じ得る市場にカウンターパーティーが保有するポジションの合計を把握するための情報を入手し、リスク緩和に向けてカウンターパーティーと協力するように要請した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up