for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米SECの罰則金徴収額、20会計年度は過去最高の47億ドル

 米証券取引委員会(SEC)が2020会計年度(19年10月─20年9月)に徴収した罰則金などが、47億ドルと過去最高だったことが2日公表の資料で分かった。写真はSECのロゴ。ワシントンのSEC本部で2011年6月撮影(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 2日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)が2020会計年度(19年10月─20年9月)に徴収した罰則金などが、47億ドルと過去最高だったことが2日公表の資料で分かった。職員は新型コロナウイルスの流行で年度内の大半が在宅勤務だったが、複数の大型案件で膨らんだ。

715案件を通じ、罰金などが計10億ドルと不正利得返金分が計36億ドルに上った。一方「未曽有の課題」に直面し、取扱件数は4年ぶりの低水準だったという。

公表資料は、「3月以降、執行部門は完全に在宅となり、証言や物証の収集、訴訟手続きなどで特有の障害が発生したものの、委員会に重要案件を提起する手法を案出した」と報告した。

少数の巨額案件が全体の大半を占めた。中には、通信アプリを手掛けるテレグラム・グループの暗号資産(仮想通貨)売り出しをめぐる、投資家らへ返還金12億ドルと制裁金1850万ドルや、金融大手ウェルズ・ファーゴの不正営業問題に絡む罰金5億ドルなどが含まれる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up