April 8, 2019 / 8:16 PM / 11 days ago

米SEC委員「テスラCEO巡る対応は妥当」、再発防止目的を強調

[ワシントン 8日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)のロバート・ジャクソン委員は8日、米電気自動車(EV)会社テスラ(TSLA.O)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)を巡るSECの対応は妥当との認識を示した。

委員はSECの対応は「問題の再発防止が目的」と強調。「SECとして法執行に係る非常に妥当な措置を講じたと考える」と述べた。

マスク氏を巡っては昨年の和解合意に違反したとしてSECが法廷侮辱罪で提訴。ニューヨーク・マンハッタンの連邦地裁は4日、双方に改めて和解するよう勧告した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below