October 17, 2018 / 11:56 PM / a month ago

マコネル氏、米政権に貿易摩擦の早期解消促す 「経済を圧迫」

10月17日、米共和党のマコネル上院院内総務(写真)は、トランプ政権に対し、特に中国との間で激化する貿易摩擦を早急に解消するよう促し、米国の貿易政策に対する他国の報復関税が好調な米経済を圧迫し始めていると警告した。ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 17日 ロイター] - 米共和党のマコネル上院院内総務は17日、トランプ政権に対し、特に中国との間で激化する貿易摩擦を早急に解消するよう促し、米国の貿易政策に対する他国の報復関税が好調な米経済を圧迫し始めていると警告した。

マコネル氏はロイターのインタビューで、国際貿易に関する米国の政策を強化する必要があるとのトランプ大統領の見解に同調しつつ、自身の地盤であるケンタッキー州をはじめとする国内各地への貿易摩擦の影響に懸念を表明した。

同氏は「関税はマイナスの影響を与え始めている。特に中国との間でこれらの問題の早期の進展を望む」と語った。その上で米経済全般については「非常に好調」との認識を示した。

また、米政権が検討する乗用車やスポーツ用多目的車(SUV)への最大25%の輸入関税導入について、回避することを望んでいると述べ、ケンタッキー州で「カムリ」を生産するトヨタ自動車(7203.T)などメーカー各社の間で懸念が広がっていることに言及した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below