December 17, 2018 / 4:38 AM / a month ago

米上院、ロシアの広範な大統領選干渉示す報告書公表へ=WP

 12月16日、米上院は今週、2016年米大統領選へのロシアの干渉が広範囲にわたっていたことを示す調査報告書を公表する。米紙ワシントン・ポスト(WP)が、報告書案を基に報じた。写真は大統領戦でのトランプ候補とクリントン候補の討論会。2016年10月ラスベガスでの代表撮影(2018年/ロイター)

[ワシントン 16日 ロイター] - 米上院は今週、2016年米大統領選へのロシアの干渉が広範囲にわたっていたことを示す調査報告書を公表する。米紙ワシントン・ポスト(WP)が16日、報告書案を基に報じた。

WPによると、報告書はツイッター(TWTR.N)やフェイスブック(FB.O)、グーグル(GOOGL.O)が上院情報委員会に提出した数百万件の投稿を調べた初の調査の結果をまとめたもの。

ロシア政府が関与するインターネット・リサーチ・エージェンシー(IRA)が16年大統領選でトランプ陣営を後押ししたり、銃犯罪や人種問題など意見の分かれる問題で世論を分断したりするために行った取り組みについて、詳しい情報を提供しているという。

報告書は英オックスフォード大学と関係のある研究者らがまとめた。上院情報委は報告書の内容を支持するかどうか明らかにしていない。

WPによると、委員会は今週、これら2本の報告書を公表する見通しという。

リチャード・バー上院情報委員長の関係者はコメントを控えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below