July 28, 2020 / 10:41 PM / 8 days ago

米シェール企業、第2四半期決算は2016年以来の最悪に 原油安で

 米シェールオイル生産会社が近く発表する2020年第2・四半期決算は、2016年以降で最悪の結果になりそうだ。オクラホマ州ガスリーで2015年9月撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[ヒューストン 28日 ロイター] - 米シェールオイル生産会社が近く発表する2020年第2・四半期決算は、2016年以降で最悪の結果になりそうだ。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)を受けて燃料需要が減退し、原油価格CLc1LCOc1は1月以来約35%下落、生産高も急減した。

2カ所のシェール盆地で生産するアブラクサス・ペトロリアム(AXAS.O)のボブ・ワトソン最高経営責任者(CEO)は「第2・四半期(決算)は前例のない内容になるだろう」と話す。

ロイターが米シェール企業上位10社の財務データを分析したところ、第2・四半期決算(評価損除く)は、前回の原油価格急落が起きた2016年以来で最悪の内容となる見通しだ。

米最大の独立系生産会社コノコフィリップス(COP.N)は、30日に米シェール企業の先陣を切って決算を発表するが、リフィニティブのIBESデータによると、1株当たり損益は49セントの赤字と、前年同期の1.40ドルの黒字から赤字に転落するとみられる。

リフィニティブによると、数日中に決算を発表するパイオニア・ナチュラル・リソーシズ(PXD.N)、EOGリソーシズ(EOG.N)、パースリー・エナジー(PE.N)、コンチネンタル・リソーシズ(CLR.N)など大半の主要シェール企業が、第2・四半期は赤字を計上する見込み。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below