August 9, 2019 / 3:03 PM / 4 months ago

議会で銃規制強化の機運高まる、銃業界にも配慮=トランプ氏

[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領は9日、計31人が犠牲となった2件の銃乱射事件を受けて議会で銃規制強化に向けた機運が高まる中、全米ライフル協会(NRA)の見解にも配慮すると語った。

トランプ大統領はツイッターへの投稿で、銃購入者のバックグランドチェック強化を巡り、上下院の指導部が真剣な討議を行っているとした上で、「NRAなどと連絡を取っている。NRAの確固とした見解は配慮される」と述べた。

同時に、国民が武器を保持する権利を保障する合衆国憲法修正第2条を支持するとしつつも、「誰もが米国の利益と安全のために団結して取り組む必要がある」とした。

トランプ氏は前日、銃購入者のバックグラウンドチェックを厳格化したいとの考えを示していた。

前週末にテキサス州エルパソとオハイオ州デイトンで発生した銃乱射事件を受け、全米の214人の市長は前日、マコネル共和党上院院内総務とシューマー民主党上院院内総務に書簡を送り、今年2月に下院で承認された銃規制法案について、上院で迅速な審議を進めるよう求めた。法案には、銃購入者の身元確認の期間をこれまでよりも長くすることを義務付ける内容が含まれる。

一方、NRAは銃購入者のバックグランドチェックを強化する方針に反発。2020年米大統領選への出馬を目指す候補者が銃乱射事件を政治問題化しようとしていると非難した。 NRAは有力ロビー団体で、共和党上院議員の多くに多額の政治献金を行ってきている。

また、トランプ大統領は記者団に対し、マコネル上院院内総務も銃購入のバックグラウンドチェックを強化する法案を審議する意向を示しているとし、「実現することを望む」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below