July 3, 2019 / 5:30 AM / 18 days ago

米店舗空室率、第2四半期は3年ぶりに低下=調査会社

 7月2日、米不動産調査会社レイスによると、全米の近隣型・地域型ショッピングセンターの店舗空室率は第2・四半期に0.1%低下の10.1%と、2016年序盤以来の低下となった。写真はニューヨークのショッピングセンターで昨年12月に撮影(2019年 ロイター/Shannon Stapleton)

[2日 ロイター] - 米不動産調査会社レイスによると、全米の近隣型・地域型ショッピングセンターの店舗空室率は第2・四半期に0.1%低下の10.1%と、2016年序盤以来の低下となった。

小売り大手による店舗閉鎖が相次いだが、食料品店のほか、安売り衣料品店やトランポリン広場などのここ1年の新規出店が空室率の低下につながった。

屋内型のショッピングモールの空室率は9.3%で前期から横ばいだった。米百貨店JCペニーなどが店舗閉鎖を発表した影響がみられた。

近隣型・地域型ショッピングセンターの募集賃料の全国平均と実効賃料はともに前年比1.7%上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below