January 22, 2019 / 12:01 AM / 3 months ago

米空港警備員の欠勤率が過去最高、政府機関閉鎖で

1月21日、米運輸保安庁(TSA)は、政府機関の一部閉鎖が31日目に達する中、空港警備員の欠勤率が20日に10%と過去最高になったと発表した。アトランタの空港で18日撮影(2019年 ロイター/Elijah Nouvelage)

[ワシントン 21日 ロイター] - 米運輸保安庁(TSA)は21日、政府機関の一部閉鎖が31日目に達する中、空港警備員の欠勤率が20日に10%と過去最高になったと発表した。TSA職員は政府機関閉鎖に伴い給与未払いの状態が続いている。

欠勤率は19日の7%から上昇し、政府機関が同じく閉鎖していた前年同日の3.1%から3倍以上となった。

TSAによると、多くの職員が財政的な困窮を理由に欠勤しているという。

一部の空港では検問所での待ち時間が長くなったほか、20日にはボルチモア・ワシントン国際空港において欠勤により検問所の1つが閉鎖された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below