February 12, 2019 / 8:33 PM / 2 months ago

米共和上院トップ、与野党の基本合意評価 「正しい方向への一歩」

[ワシントン 12日 ロイター] - 米共和党のマコネル上院院内総務は12日、政府機関の再閉鎖回避に向けた予算案を巡る与野党の基本合意がトランプ大統領の目指す国境警備強化への下地を整えたと述べ、評価する考えを示した。

マコネル氏は記者団に対し、トランプ大統領が要求するメキシコ国境の壁建設費が基本合意に含まれていないことを踏まえ、「大統領が望む全ての項目が盛り込まれているわけではないが、正しい方向に向けた良好なステップと考える」とし、「大統領が署名することを望んでいる」と語った。

トランプ大統領はこれに先立ち、国境警備を巡る与野党の原則合意に満足していないとしつつも、真っ向から否定はせず、政府機関の再閉鎖を望んでいないことを示唆した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below