February 7, 2019 / 8:28 PM / 3 months ago

国境警備巡る協議進展、早ければ8日の合意も=米超党派議員

 2月7日、米政府機関の再閉鎖回避に向け国境警備問題を巡り協議する超党派委員会のメンバー、民主党のテスター上院議員は、同委員会が早ければ8日に合意する可能性があると述べた。南部国境での演習のもよう。1月撮影(2019年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[ワシントン 7日 ロイター] - 米政府機関の再閉鎖回避に向け国境警備問題を巡りトランプ大統領と協議する超党派議員は7日、進展がみられると明らかにし、民主党のテスター上院議員は早ければ8日にも合意する可能性があるとの見方を示した。

テスター議員は記者団に対し、「時宜を得て合意にこぎつけることは可能で、明日8日かもしれないが、週末までの合意は確実だ」と語った。

この日トランプ大統領と面会した上院歳出委員会のシェルビー委員長(共和党)は記者団に対し、協議を行っている17人の超党派議員グループは「良好な軌道」にあるとの見方を示した。

委員長は、合意がまとまる可能性のある案についての詳細は明らかにしなかったが、トランプ大統領が支持する用意のある条件について理解が深まったことで状況が改善したと述べた。

大統領はホワイトハウスで記者団から譲歩の可能性について問われ、「あり得る」と答えた。

つなぎ予算が切れる今月15日までに国境警備を巡る合意がまとまらなければ、国土安全保障省など複数の政府機関は再び閉鎖のリスクにさらされる。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below