January 9, 2019 / 10:02 PM / 10 days ago

米大統領、非常事態宣言の「権限ある」 民主党との協議は物別れ

[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領は9日、メキシコ国境の壁建設費用を含む予算案を巡り議会が合意できなければ、自身には国家非常事態を宣言する権限があるとの考えを再表明した。

トランプ大統領が看板政策とする壁建設の費用を巡り議会で対立が続く中、政府機関の一部閉鎖は19日目に突入した。

トランプ大統領は記者団に対し、民主・共和両党が予算を巡る膠着を打開できなければ、政府機関の再開に向け国家非常事態を宣言する可能性があると言明。「合意できなければ、異なる手段に出る可能性はある。私が望めば、私には国家非常事態を宣言する絶対的な権限がある」と述べた。

大統領はこの日行われた共和党上院議員との昼食会で、壁建設費を巡る強硬路線に対し揺るぎない支持を獲得したことを明らかにした。「討議された内容は結束についてのみ」とし、「数人」の議員が戦略について話をしたが、「共和党は結束している。国境警備を求めている」と語った。

だが、昼食会に出席したスコット上院議員は、政府機関の一部閉鎖が終結に向かうかとの印象を得たかとの質問に対し「得ていない。この状態がしばらく続くだろう」と応じた。

トランプ大統領はその後、民主党議員らと会合。しかし、同党重鎮のシューマー上院議員によると、ペロシ下院議長が壁建設に賛同しない姿勢を崩さなかったことを受け、トランプ大統領は「討議することは何もない」と言い残し退席したという。

シューマー議員は「自分の思い通りにならず、大統領はまたかんしゃくを起こした」と語った。

トランプ大統領はツイッターへの投稿で、民主党との協議は「時間の無駄」と批判。「政府機関を早急に再開すれば、今後30日で何が起こるのか、壁もしくは鉄のフェンス建設を盛り込んだ国境警備案を承認するかと尋ねたところ、ナンシー(ペロシ下院議長)は『ノー』と言ったので、私も『バイバイ』と言った。これ以上何もできない!」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below