December 27, 2018 / 6:20 PM / 3 months ago

米連邦人事管理局、職員に債権者対応策指南 政府閉鎖続き

[ワシントン 27日 ロイター] - 米政府機関の一部閉鎖が続く中、連邦人事管理局(OPM)は給与受け取りに遅れが生じる恐れのある政府職員80万人(推計)に、債権者の借金取り立てを回避する方策を指南している。

一時帰休中の職員が住宅ローンの返済を一部にとどめることも可能などと指摘。職員が利用できる書式をウェブサイトに掲載した。

ツイッター投稿では、債権者への対応で助言が必要なら個人弁護士に連絡を取るよう呼び掛けた。

22日までの期間の給与は通常通り支給される見込みだが、今後については見通せない状況が続く。

米政府職員総同盟(AFGE)によると、連邦職員約42万人が給与支払いを受けずに勤務し、ほかの38万人は自宅待機を指示された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below