for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、11日から中小企業向け支援再開 不正防止対策を強化

[ワシントン 8日 ロイター] - 米政府は11日から中小企業支援制度(給与保障プログラム、PPP)の下で新たな支援を開始する。過去に発生した不正受給の教訓を活かし、不正防止対策を強化する。複数の当局者が8日明らかにした。

米中小企業庁(SBA)は、申し込みを自動的に受理する従来の方式を改め、受付時に身元確認などの作業を行う。これに伴い承認までにやや時間がかかる見込みという。

昨年末に成立した9000億ドルの新型コロナウイルス追加経済対策では、PPPに2840億ドルが充てられた。当局者らは応募を満たすだけの十分な資金があり、不足することはないとみている。

下院の新型コロナ危機特別小委員会は昨年、PPPを通じた不正な融資件数が数万件に達し、被害額は数十億ドルに上る可能性があるとの報告書を発表した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up