for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米の太陽光発電導入が加速、年間では過去最高に=報告書

 9月13日、コンサルティング会社ウッドマッケンジーと米国太陽光エネルギー産業協会(SEIA)が14日公表した報告書によると、米国の第2・四半期の太陽光発電設備の新規導入は45%増加し、年間では過去最高となる見込み。写真はカリフォルニア州で2018年3月撮影(2021年 ロイター/Lucy Nicholson)

[14日 ロイター] - コンサルティング会社ウッドマッケンジーと米国太陽光エネルギー産業協会(SEIA)が14日公表した報告書によると、米国の第2・四半期の太陽光発電設備の新規導入は45%増加し、年間では過去最高となる見込み。

第2・四半期に導入された太陽光発電設備の容量は5.7ギガワット(GW)で、100万世帯以上の電力に相当する。今年年間の新設容量は26.4GWの見込みで、3カ月前の業界予想を約8%上回る。

温室効果ガスの削減目標を達成しようとする電力会社や企業のほか、クリーンな電力を自分で作り出そうとする個人宅からの強い需要を反映した。太陽光は上半期の新たに導入された発電設備の半数以上を占め、風力や天然ガスを上回った。

ウッドマッケンジーは今後5年の見通しを10%上方修正した。

ただ報告書は、新型コロナウイルス流行によるサプライチェーンの混乱、海外製パネルの関税、中国の新疆ウイグル自治区からのパネル材料の輸入禁止などのリスクも指摘している。

6月に導入された輸入禁止措置を目先の重大な下押しリスクとし、プロジェクトに遅れが生じる可能性を指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up