for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米韓が首脳会談、北朝鮮情勢など巡り協議 強固な同盟関係を確認

[ワシントン 21日 ロイター] - バイデン米大統領は21日、韓国の文在寅大統領とホワイトハウスで首脳会談を行った。両国の強固な同盟関係を確認し、北朝鮮核問題や新型コロナウイルス対策など幅広い協議が行われた。

バイデン米大統領は韓国の文在寅大統領とホワイトハウスで首脳会談を行った。両国の強固な同盟関係を確認し、北朝鮮核問題や新型コロナウイルス対策など幅広い協議が行われた。写真は5月21日、ホワイトハウスで撮影(2021年 ロイター/Jonathan Ernst)

バイデン大統領は、適切な条件が整えば、北朝鮮の金正恩総書記と会談する意向を示した。

両首脳は、朝鮮半島の完全な非核化が目標だと表明。バイデン氏は、北朝鮮に核を放棄させる難しさについて「何ら幻想を抱いていない」と述べた。

バイデン氏は共同会見で「われわれは事態を深く懸念している」とし、外交を通じて北朝鮮に関与し「緊張を和らげるため、実践的な措置を講じる」ことで両首脳が一致したと表明した。

文大統領はバイデン大統領に対し、韓国が「朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な和平の確立に向け、米国と緊密に連携する」と伝えた。

バイデン氏は、北朝鮮担当特使に国務省のソン・キム氏を起用。キム氏は韓国系米国人で、オバマ政権時代にも北朝鮮担当特使を務めた。

バイデン政権の発足後、外国の首脳がホワイトハウスを訪れたのは、菅義偉首相に続いて2人目。バイデン氏は「旧友」と話をしているようだったと語った。

<中国、台湾問題も協議>

両首脳は、中国と台湾についても協議。文氏は「台湾海峡の平和と安定が極めて重要だとの認識で一致した。中台関係の特殊性を考慮しながら、この問題で協力していくことで合意した」と述べた。

声明によると、開かれた透明性の高い5G・6G通信網を開発することでも両国は合意。車載半導体の供給を増やすことでも一致した。

ハイテク製品の製造についてサプライチェーンに関する作業部会の設置を検討することでも合意した。

文氏は、両国が新型コロナワクチンで協力することに合意したと表明。米国の専門知識と韓国の生産能力を組み合わせる意向を示した。

バイデン大統領との会談前には、文氏はハリス副大統領とも会談。米政権による新型コロナウイルスワクチンの展開やいち早い景気回復などを称賛した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up