for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヘッジファンド、第1四半期に成長株保有拡大 アマゾンなど=GS

5月22日、ヘッジファンドが第1・四半期にアマゾン・ドット・コムやマイクロソフトなどの成長株へのエクスポージャーを高めていたことが、ゴールドマン・サックスの分析で明らかになった。写真は4月22日、フランス北部のアマゾン物流センターで(2020年 ロイター/Pascal Rossignol)

[22日 ロイター] - ヘッジファンドが第1・四半期にアマゾン・ドット・コムAMZN.OやマイクロソフトMSFT.Oなどの成長株へのエクスポージャーを高めていたことが、ゴールドマン・サックスの分析で明らかになった。

分析によると、ヘッジファンドが保有を最も高めたのはアマゾンとマイクロソフトで、フェイスブックFB.O、アルファベット傘下のグーグルGOOGL.O、中国アリババBABA.Nとともに、7四半期連続でヘッジファンドがロングとするトップ5銘柄となった。

ゴールドマンのアナリストは、新型コロナウイルスの影響で米株式市場が混乱する中、成長株の選好戦略がヘッジファンドのパフォーマンスを支援したと指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up