May 7, 2019 / 9:06 PM / 2 months ago

VIX指数が3カ月超ぶり高水準、米中貿易摩擦の激化懸念で

 5月7日、「恐怖指数」の異名を持つシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数)が3カ月超ぶりの水準に上昇した。ニューヨーク証券取引所で6日撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 「恐怖指数」の異名を持つシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数)が7日、3カ月超ぶりの水準に上昇した。米中貿易摩擦の激化懸念が同指数を押し上げた。

7日の米国市場ではリスク回避の動きが強まり、主要株価指数も約2%安となった。

VIX指数は一時6.4ポイント上昇の21.84と、1月23日以来の高水準を付けた。4月は13近辺で推移していた。

VIX指数の上昇は12月24日以来の大きさとなる見込み。

チャールズ・シュワブのトレーディング・デリバティブ部バイスプレジデント、ランディー・フレデリック氏は「(きょうの動きが)通商問題によって引き起こされたことは明らか」と指摘。「米中通商問題が解決した時の(株価の)上値余地は相対的に小幅だが、下値余地は大きい」と述べた。

オプション分析会社トレードアラートによると、7日のオプション市場全体の出来高は2500万枚と、過去1カ月の1日平均の約40%増となった。

ウィーデンのデリバティブ・ストラテジスト、マイケル・パーブス氏は、ここ数カ月でVIX先物のショートポジションが過去最高近辺まで積み上がっており、この日はショートカバーがVIX指数を押し上げた一面もあると述べた。

米商品先物取引委員会(CFTC)の直近データによると、非商業(投機)部門のVIX先物のショートポジションは約2年ぶりの高水準に迫っていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below